アルミ缶の特徴

リサイクル性が高いー 何度でも生まれ変わる
 
 アルミニウムは、原料となるボーキサイトからアルミナを取り出し、これを電気分解して製造されます。電気分解するとき多くの電力を消費しますが、一度金属となったアルミニウムは、新地金を製造するときの約3%のエネルギーでアルミ再生地金になります。このアルミ再生地金から、新しいアルミ缶に生まれ変わることができます。

 
軽い― アルミニウムは鉄の3分の1
 
 同じ大きさのアルミニウムと鉄を比べると、アルミニウムは鉄のおよそ3分の1(比重:アルミ2.7、鉄7.8)の重さしかありません。アルミ缶は軽いので、飲料を運ぶ時のエネルギーが少なくてすみます。
 
 
さびにくい― いつまでも衛生的
 
 アルミニウムはさびにくい性質を持っているので、アルミ缶は
いつまでも衛生面に優れ、中身のジュースやビールの品質を長期間守ります。
 
 
熱をよく伝える― 温めやすく、冷やしやすい
 
 アルミニウムは、熱をよく伝えます。温めたり、冷やしたりすることが短い時間でできます
 
(一社)日本アルミニウム協会 のホームページを参照ください。
アルミ缶リサイクル協会
〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-15
TEL.03-6228-7764
FAX.03-6228-7769
 
事業内容
1. アルミ缶回収ルートの整備・支援
2. 広報・啓発活動
3. 調査活動その他