本文へ移動

リデュース率

リデュース率

リデュース率は2004年度を100(基準年)とした時の軽量化の指針です。
アルミ缶は2020年度目標5.5%の軽量化を掲げ2021年度の実績は6.2%を達成致しました。
内容物の保護など、容器包装の基本的な機能を損なわないようにするため容器包装の軽量化には一定の物理的な限界がありますが、使用資源の削減努力を続けています。

イメージ

リデュース率の推移

ファイルダウンロード

2020年度リデュース率

(2022-02-04 ・ 174KB)

TOPへ戻る