本文へ移動

リサイクル率

2020年アルミ缶の需要量 と 2020年度アルミ缶のリサイクル率


2020年度の飲料用アルミ缶のリサイクル率(再生利用率)、及びCAN to CAN率 (リサイクルされたアルミ缶のうち、缶材へ再生利用された割合)

2020年(令和2年)度 国内アルミ缶需要量

2020年度 リサイクル率

国内で消費されたアルミ缶の内、国内で再生利用されたUBCと輸出されたUBCを含めたものの割合

2020年度 CAN to CAN率

国内で再生利用されたUBCの内、アルミ缶に再生利用されたものの割合

2020年(令和2年)度 リサイクル率及びCAN to CAN率

2020年(令和2年)度のアルミ缶リサイクル率は94.0%となりました。
また、CAN to CAN率は、71.0%となり、前年より4.1ポイント増加しました。
 
2015年よりアルミくずの輸出量に占めるUBC量が輸出通関統計量として把握できるようになりましたので、
2015年度より再生利用量に輸出量を含めてリサイクル率を算出することにしています。

過去10年間のアルミ缶 リサイクル率・CAN to CAN率の推移

アルミ缶リサイクル率の推移(過去10年間)

TOPへ戻る