すべてのアルミ缶がリサイクルされているの?

日本で1年間に消費されるアルミ缶の量は、約30万トン(約185億缶)で、そのうち回収されリサイクルされる量は約27万トン(約170億缶)になります。
1990年のリサイクル率約40%だったものが、95年に約70%、2000年には約80%と、年々リサイクル率が伸び、2005年以降では約90%のアルミ缶がリサイクルされています。
回収されなかった約3万トンのアルミ缶の多くは、焼却や埋め立てられたり、海外に輸出されたと推測されます。

最新のデータはこちら

 
 

 
リサイクルの缶だけで100%の新しい缶ができるの?
リサイクルされたアルミ缶は、アルミ合金成分の関係から主に缶胴体に使用し、リサイクルされた材料で不足する量を、ボーキサイトから作った新しい地金などを追加して使います。
概ね、10缶のうち6缶分(約60%)がリサイクルされたアルミで作られています。
 
 

 
アルミ缶の集団回収に参加するにはどうしたらいいの?
全国のさまざまな町内会、小・中学校、老人会、子供会などがボランティア活動として資源回収業者と協力しあい、積極的に行っています。また知的障害者支援施設でも地域との交流や社会参加の取組みとして集めている場合もあります。
アルミ缶はスクラップ価値が高いので、売却益で会の催しを行ったり、福祉に役立てたりして、活動の輪が広がります。
お近くの回収拠点(回収業者)などの問合せは
当協会TEL 03-6228-7764までご連絡ください。
 
 

 
アルミ缶の省エネ効果ってどれくらいなの?

回収、再生地金とされたアルミ缶 約27万トンは、ボーキサイトから新たに地金を造る場合に比べて、電力量に換算すると約76億kwhの節約になり、日本の全世帯数(約5,595万世帯)の概ね16日分の使用電力量に相当します。
もう少し判りやすくいうと、アルミ缶1個をリサイクルすると液晶テレビが2〜4時間見られる電気の節約になります。

最新の情報はこちら

 
 

 
アルミ缶のタブだけを集めると何かもらえるってホント?

「アルミ缶のタブ(とって)を集めると車椅子がもらえるという話がありますが、どこへ連絡したら良いですか?」という問い合わせがありますが、当協会では、そのような事業に関係していませんし、下記の理由により、タブだけを集めるような事は奨励していません。
理由@タブを無理に取り外そうとするとケガをする恐れがあります。
理由Aアルミは重量で取引されるので、タブだけを集めるより「アルミ缶丸ごと」集めたほうが何十倍もリサイクル価値があります。
理由Bタブだけを集めた場合、コンベアから、こぼれ落ちたりします。
タブを取らずに「アルミ缶丸ごと」リサイクルした方が安全で効率的です。 もし、知り合いにタブだけを集めている方がいたら、アルミ缶そのものをリサイクルするようすすめてみてください。

アルミ缶はタブも一緒にリサイクル(PDF)

 
 

 
どんな経路をたどってアルミ缶はリサイクルされるの?
アルミ 缶はこうして生まれ変わります」をご覧ください。
 
 

 
アルミ缶はどんなものにリサイクルされるの ?
約6割が、もう一度アルミ缶へと生まれ変わります。残りの4割のアルミ缶は、品質の良い鉄を造るために脱酸剤として利用されたり、アルミ鋳物製品(自動車部品など)に再利用されています。