平成26年度の飲料用アルミ缶のリサイクル率(再生利用率)とCAN TO CAN率 (リサイクルされたアルミ缶のうち、缶材へ再生利用された割合)です。
 
 
 
 

平成26年度のアルミ缶リサイクル率は87.4.8%となりました。
また、CAN TO CAN率は前年から5ポイント低下し、63.4%となりました。

 

前年度同様、回収された使用済みアルミ缶の一部が海外に販売されたため、リサイクル率が90%を下回りましたが、前年度より3.6ポイント改善しました。